墓石の加工のいろいろ

墓石というくらいですから、そもそも最初は石の塊です。

採石場で切り出された石材が加工場に運ばれ、そこで用途に応じて切断された後、墓石にふさわしくなるよう、ダイヤモンドで磨かれます。

研磨され、きれいになった墓石は、職人が依頼に応じて形状を仕上げ、最後に文字を彫りあげて、墓石として完成します。

この形状や文字ですが、時代や地方によって、いろいろな加工がなされてきました。

現在の仏教で使用されている墓石のほとんどは、頭の部分は暖をつけて丸みを帯びるように加工されています。

これは、「香箱加工」と呼ばれており、以前からほとんどのこの形が使用されていました。

昭和20年代前後のみ、丸いたいらな「なでつけ」と呼ばれる加工法でしたが、また元の形に戻ったということですね。

墓石頭部部分の加工法としてはこれらの他に、頭の上に笠石という小さな丸状の形をした石を乗せる「大名墓」と呼ばれる形や、半月上の「櫛形」などがあります。

また、関西地方では、石の頭部の四隅を跳ね上げる形などもあり、地方によって形が変わることがわかります。

ちなみに、神道の場合、墓石は「トキン加工」という、頭部が四角すいの形になったものを使用します。

さらに、近年では墓地となる土地が少なくなってきたため、集合墓地でも場所を取りにくい、キリスト教式の墓石を立てるケースも増えてきました。

この洋型墓石にも、段がいくつあるかということで何種類かに分けることができるようになっています。

This entry was posted in 墓石を選ぶ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.